La Bombance -日本料理-

Access

La BOMBANCE Movie

Concept

店名の「BOMBANCE」は、
フランス語で”ご馳走”の意味。
確たる日本料理店でありながら、
時にはジャンルを奔放にまたぎたい。
そんな思いを店名に込めました。

一期一会。
お客様が大切な方と語らい愉しむ時間、
この時を過ごす場所として
当店をお選びいただけること、
その時を共有させていただくことに感謝し、
日本の美しく素晴らしい食材や食文化を通して
人と人との繋がりを大事にしたい…
この西麻布の隠れ家に、
私どもが思い描く気持ちです。

六本木通り沿いに小さく灯る、
頭文字”B”を目印に、ぜひお越し下さい。

Photo Library

Photo Library

Loading...

CLOSE

Reservation & News

営業時間

11:30~13:00  (最終入店)14:00閉店
土曜日限定

18:00~22:00(最終入店)25:00閉店
日曜・祝日定休

営業日カレンダー

ご予約

ご予約はお電話にてお受けしております。
ご来店日時、人数、お料理のご要望をお聞かせ下さい。
03-5778-6511(12:00以降)

03-5778-6511

※恐れ入りますが、お子様のご利用は小学生以上と
させていただきます。

ご予約のご案内

お支払い

現金またはクレジットカードがご利用いただけます。

VISA/MasterCard/JCB/AmericanExpress

Access

ラ・ボンバンス

〒106-0031 東京都港区西麻布2-26-21-B1
03-5778-6511
http://www.bombance.com

Show Map

【電車をご利用の場合】

東京メトロ日比谷線 六本木駅 徒歩10分

【バスをご利用の場合】

都バス01系統 西麻布バス停下車
渋谷方面に徒歩3分

【お車をご利用の場合】

近隣にパーキングがございます

Sudachi (姉妹店)

[ ごあいさつ ]

〒107-0062 東京都港区南青山7-12-12-B1
03-6433-5386
http://www.sudachi.tokyo

Show Map

【電車をご利用の場合】

東京メトロ日比谷線「広尾駅」徒歩約20分

【バスをご利用の場合】

都バス01系統「南青山七丁目」バス停下車徒歩約5分

【お車をご利用の場合】

近隣にパーキングがございます

La BOMBANCE 香港店

[ ごあいさつ ]

30/F, V POINT, 18 TANG LUNG STREET, CAUSEWAY BAY, HONG KONG
81-852-3188-332
http://labombance.com.hk

Show Map

MTR港島線 (Island Line)

「銅鑼湾」(Causeway bay)駅より徒歩約10分

Space

お連れ様との距離を近くする14のカウンター席、それぞれが独特の個性をもったテーブル席、
ゆっくりとおくつろぎいただける個室を
ご用意しております。

Souvenir

お店になかなか足を運べないお客様、
そして大切な方へ
「La BOMBANCE」を
体験していただける贈答品をご用意いたしました。

ごまふぇ3種セット

見た目は、「白」なのに

コーヒーのコク深さが香る、ブランマンジェ。
黒胡麻の食感と香ばしさを残したソース。
一度食べたら虜になるボンバンスオリジナルデザート。

ご購入はこちら

香るラー油

数百種類ある唐辛子から2種類の唐辛子をブレンド。
四川山椒をふんだんに加えたらー油はすっきりとした辛みから
次第に爽やかな風味へと変化します。味、風味、食感を楽しめるらー油。

ラボンバンス東京 店頭販売限定 ¥648(税込)夏季限定品

大切な方へのプレゼントに当店のお食事で使えるギフトカード(\5,000)もご用意しております。詳しくはスタッフにお訊ね下さい。

Chef

毎年、一年間を振り返り
「心に残る感動したことは何だろう・・・?」
そんな時いつも思い出すのが故郷の「長岡の花火」でした。
お越し下さる皆さまに感謝の気持ちを忘れずに四季折々の日本の食材と対話しお客様の”心の記憶に残る料理”を作りたい。これがラ・ボンバンスのお料理の原点です。
大切な方と楽しい時間をごゆっくりお過ごしいただければ幸いです。
> 復興祈願花火フェニックス

岡元 信(Makoto Okamoto)

昭和48年7月生まれ、新潟県長岡市出身。高校卒業後、
日本料理 鴨川(日比谷)、東京新阪急ホテル 日本料理
明石(築地)、同ホテル 鉄板焼き ロイン、紀尾井町 福田家
(紀尾井町)、平成16年に西麻布ラ・ボンバンスを開業。

> 自著「和食でワインでおもてなし / 文藝春秋」

Feed